プロバイオティクスの食事やサプリには有用菌が豊富で腸内フローラに良い効果を与える

お腹の健康に良いとされる食事には、プロバイオティクスの理論を取り入れる方法が提唱されています。この理論はアンティバイオティクスとは真逆の性質を持っており、原義となるラテン語では有用な細菌を保護するという意味があります。善良な細菌に攻撃を与えて駆逐することはやめて、善玉菌をしっかりと養いながら、腸内フローラを健全にさせるのが最大に目的になる理論でもあります。

 

 

プロバイオティクスの食事やサプリには有用菌が豊富で腸内フローラに良い効果を与える
健康な人の腸内では、微生物が猛烈な数で繁殖し、絶妙なバランスで成り立っています。このバランスが崩れると、便秘になりやすい体質になることも分かっています。あるいは、ピロリ菌が胃の内部で増殖することを防ぐために、ピロリ菌に耐性がある乳酸菌を利用する方法も提唱されています。

 

プロバイオティクスの理論は先進的な要素がありながらも、実際には昔の食事で実践されていたことになります。世界の遊牧民族は、羊や牛などの家畜を利用する習慣を受け継いできました。その中で乳を発酵させる技術が生まれ、ヨーグルトやチーズとして利用するようになりました。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、牛乳の性質を根本的に変える働きがあり、カルシウムやタンパク質は消化吸収しやすい形にしてくれます。乳酸菌が独特な酸味を与えると同時に、乳糖を分解する酵素も生産することで、乳糖不耐症の人にも優しい食品に変化することも重要です。

 

日本においては、納豆や漬物から納豆菌や乳酸菌を摂取する知恵があります。納豆には強烈な臭いがあるため、好き嫌いが激しくなることが問題でした。現在では納豆菌を配合したサプリからも摂取できるため、納豆が苦手な人でもプロバイオティクスの食事を実践することができます。伝統的な発酵食品では、糠漬けも利用する伝統があり、乳酸菌や酪酸菌の宝庫としても注目されてきました。すぐき漬けから発見されたラブレ菌は、腸内フローラを整えるためのサプリとしても人気を集めています。

 

実際の効果は様々ですが、個人差はあっても体にとって有益になることは同じです。腸内フローラを整えると、善玉菌が優勢の環境に変化して、免疫力強化などの効果も表面化していきます。お腹の調子が良くなることは、食べ物の消化が順調で栄養がしっかりと行き渡ることを意味しています。このため、美容や健康に必要な栄養が満たされ、老化予防を促進できることになります。中にはコレステロールを低下させる乳酸菌もあるため、ダイエットの食事にプロバイオティクスの食品を取り入れることも理にかなっています。