内臓脂肪に効果のあるガセリ菌の入ったサプリと食品

乳酸菌は様々な効果があるとして、美容や健康を意識した時に摂取したいものです。
しかし、乳酸菌にも様々な種類があり、自分にあった乳酸菌を摂取することが大切となります。
最近注目されている乳酸菌が、雪印メグミルク株式会社のミルクサイエンス研究所が発見した「ガセリ菌」という乳酸菌です。
人の腸から分離培養した乳酸菌で、胃酸や胆汁に強く生きたまま腸に届いて腸管内に定住するという性質があることがわかっています。
腸内環境を悪くしてしまう悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整える善玉菌であり、腸内を整える整腸作用だけではなく、コレステロールの低下作用や、生体内抗菌作用などが特に高いといわれています。
つまりダイエットやインフルエインザ予防などに有効な乳酸菌になります。
これらの中で特に注目されているのが内臓脂肪を減らす作用です。
内臓脂肪などが増えてしまうと肥満になってしまいます。肥満になると脂肪組織は慢性的に炎症が起こった状態になり、全身に悪影響が起こることがわかっています。
内臓脂肪に効果のあるガセリ菌の入ったサプリと食品
肥満を改善するためには、この炎症を抑える必要がありますが、ガセリ菌にはこの炎症を抑える作用があり、炎症が抑えることによって肥満を解消していくという仕組みになっています。
この乳酸菌が含まれている食品としては、雪印メグミルク株式会社から発売されているヨーグルトなどの食品に含まれています。
また、雪印だけではなくカルピス社が発見したC-23ガセリ菌という菌もあります。これは同じラクトバチルス属の乳酸菌ですが株が違うものになります。
こちらの乳酸菌はサプリメントとして販売されています。
作用も少し異なり、腸内環境を整えるほか、不安感を軽減させたり、自律神経を整える、過敏性腸症候群の改善、不眠症の改善などに役立つことがわかっています。
どちらも健康や美容に対して効果的な乳酸菌ではありますが、薬とは異なるため毎日摂取し続けることが大切です。

有効な乳酸菌ですので、ヨーグルトを食べながらサプリメントも併用するということも有効です。
効果を高めるためには食事内容を見直すことも重要となります。
善玉菌の増やす作用のあるオリゴ糖やハチミツ、水溶性食物繊維などを食事でバランス良く摂取していくことによってより効率的に腸内環境を整えていくことにつながります。
しかし、乳酸菌は体質に合う合わないがあります。機能だけを考えるのではなく、体質にあった乳酸菌を摂取することが大事なことです。