乳酸菌は免疫力がアップするという効能があるサプリなの?

乳酸菌は、腸の働きを活発にするという効能があるサプリです。免疫力がアップするということまでは宣伝されていませんし、商品に書かれていないことが多いようです。しかし、実際には免疫力がアップするという効能もあると言われています。

 

乳酸菌は免疫力がアップするという効能があるサプリなの?
乳酸菌を摂取すると、腸内環境が良くなりますので、消化がスムーズになります。便秘の人は、乳酸菌を摂取して腸内環境を改善するべきとよく言われています。食べたものをしっかりと消化ができるので、栄養の摂取の効率も上がります。

 

いくら栄養がたっぷりなものを食べても、しっかりと消化をしてくれなければ、それは老廃物として腸に溜まってしまい、身体に悪い影響が出てしまいます。消化をして栄養に変えてくれるから、栄養たっぷりな食事を食べることに意味があります。

 

さらに、消化の効率が上がれば、体内の酵素が増えるという効果もあるようです。消化酵素が節約できるので、代謝酵素の量が増えると言われています。その結果、免疫力がアップするという結果になります。基礎代謝を上げる方法としては、運動をすること、生野菜をたくさん食べることなどがよくあげられています。乳酸菌を摂取することも、代謝を上げることにつながるようです。

 

運動をすることも、免疫力のアップには重要なことです。バランスの良い食事を摂取すること、睡眠をしっかりととること、適度な運動をすることなどは、どれか1つをやれば良いというものではなく、基本的なことなので、すべてやるという気持ちを持つようにしたほうが良いです。

 

乳酸菌がたくさん含まれている食べ物としては、ヨーグルトが代表的ですが、ダイエット中の人などは、糖分が多いヨーグルトは食べたくないという人も多いでしょう。そのような人でも、現在ではサプリメントで手軽に摂取できるようになっています。

 

サプリメントはたくさん摂取すれば良いというものではないので、1日の用量を守って飲みましょう。しかし、よほど過剰に摂取をしなければ、副作用は出ないようです。お腹がゆるくなるという副作用などが報告されていますので、自分で量をうまく調節するようにしておきましょう。最初は1日の目安を飲んでみて、様子を見ながら量を減らしたり、逆に増やしたりすると良いでしょう。サプリメントの袋に書かれている1日の用量は、あくまで目安なので、個人差があります。もっとたくさん摂らなければ効果が出ないという人もいれば、半分の量でも十分な効果が出る人もいます。